06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

国際取引と知的財産権訴訟

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 国際取引契約に関する記事一覧 >
  3. 国際取引と知的財産権訴訟

国際取引と知的財産権訴訟

国際取引に際して、自社の商品を海外の取引相手に売買する等の場合には、自社の重要な知的財産権が関わる場合に、事前にその保全をしっかりとしておかなければなりません。

日本においては保護される知的財産権を有していたとしても、外国においてそれが保護されるかどうかはわかりません。このように、知的財産に関する制度は、各国によって異なります。

例えば、商標を例にとると、日本やドイツでは、未使用の商標に関しても商標権を取得することができます(登録主義)が、アメリカにおいては、その商標を使用して、信用が蓄積していることが商標登録の要件となっています(使用主義)。

また、日本において保護されている商標権は海外においては保護されず、商標については世界的に、最も先に商標を出願した者に商標権を付与するという出願主義が採用されているため、他国において同じ商標が既に登録されている場合には、その商標権者からの許諾を受ける必要があります。

大阪新生法律事務所は、に関するご相談を承っております。国際取引や国際企業買収に伴うリスクを回避し、スムーズな海外進出を行うためには、国際取引・企業買収に関して豊かな経験を持つ弁護士に相談することが不可欠です。
大阪市、枚方市、寝屋川市、門真市、守口市、京田辺市、交野市、四條畷市を中心に、大阪府、京都府(京田辺、八幡エリア)、東京都の法律相談に対応しております。国際取引・企業買収に関してお悩みの際は、ぜひ当事務所までご相談ください。

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ