06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

相続に関する記事一覧

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧

相続

相続が行われる時に遺言が残されていた場合には遅滞なくその遺言書を家庭裁判所に持っていき検認の手続きを取らなければなりません(公正証書遺言の場合を除く)。

遺言がある場合にはその内容は法律によって決められた相続人や相続分よりも優先します。
これは、遺言という制度が、被相続人の生前最期の意思表示である以上尊重されなければならないという趣旨から導かれます。

もっとも、相続は残された遺族の生活保障としての一面も備えているため、例えば全ての遺産を親族関係にない愛人に渡すという内容の遺言が残されていた場合には、兄弟姉妹以外の法定相続人は最低限相続されるはずの分を主張して抗うこともできます。

大阪新生法律事務所は、大阪市、枚方市、寝屋川市、門真市、守口市,京田辺市、交野市、四條畷市を中心に、離婚、相続などの法律問題の解決にあたっています。
私たち弁護士が身近な存在となるよう日々活動しています。
担当の弁護士がいつでも相談に応じますので、お困りの方は、お気軽にご相談ください。
担当弁護士が不在の場合は、24時間以内に折り返し連絡いたします。

相続に関する基礎知識や事例

  • 相続の相談を弁護士に依頼するメリット相続の相談を弁護士に依頼するメリット

    相続には死が付き物です。 相続は被相続人の死亡によって始まるためです。 残された遺族はそれを悲しむと同時に相続の事務的な手続きをこなしていく必要があります。 しかし、人生のなかで親族の死と向き...

  • 相続に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください相続に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    相続に関する相談は大阪新生法律事務所へ。 相続はご相談者の複雑な家庭事情にも踏み入ってお話をする必要があります。 法律の専門家へ任せるのは事務的な手続きの処理だけではありますが、ご相談者の要望...

  • 相続の流れ相続の流れ

    相続は被相続人の死亡によって始まります。 死亡届を7日以内に出したあとは、相続開始後に地帯なく遺言の有無を確認したうえで、公正証書遺言以外の形式で書いた遺言は家庭裁判所にて検認の手続きをしなけ...

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続は被相続人の死亡によって始まります。逆に言えば相続についての手続きをしなければならない状況には親族の死が常についてまわるということです。 そのような状況で手続きをするのは精神的にも辛いものが...

  • 遺言書遺言書

    遺言に書かれたことは法律によって定められた相続人や相続分に優先するため、相続の事前準備としてもとても有用です。 その遺言にはいくつかの種類があります。大きく分けると普通方式と特別方式の2つが考...

  • 法定相続人の確認法定相続人の確認

    遺言書が残されていない場合には相続人や相続分は法定のものになります。このように法律により定まった相続人のことを法定相続人、それぞれの取り分のことを法定相続分といいます。 遺言のない場合にはこれ...

  • 相続財産の調査相続財産の調査

    相続人は、相続が開始してその事実を知ったあと3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の手続きを取らないと相続を単純承認したものとなります。 また、準確定申告や相続税の申告納付はそれぞれ4ヶ月、10ヶ月です...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    遺言や法定相続分により相続分の割合が決まった後は実際にどの財産を誰がどのくらい相続するのか、その話し合いの場を相続人の間で設けなくてはなりません。 その話し合いのことを遺産分割協議といいます。...

  • 相続放棄相続放棄

    相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。 単純承認と相続放棄と限定承認です。 その中の相続放棄は一切の財産を相続しないという手続きとなります。 例えば遺産分割協議のなかで...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続人が相続に対応して取る選択肢の1つに相続放棄があります。 相続とは被相続人の生前有していた権利義務を全て承継するいわゆる包括承継をするのが原則となっています。 そのため、不動産や預貯金など...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続人が相続に対してとることのできる選択肢は単純承認、相続放棄、限定承認の3つがあります。 例えば、相続放棄ならば全ての相続財産の調査が終わってからその手続きをしなければ不測の事態が発生してし...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄の手続きは、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすることでできます。相続放棄申述書は家庭裁判所にあります。 もちろんその前には相続財産の調査を...

  • 遺留分遺留分

    遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していたはずの人が、遺言によって自己の相続分が0になってしまうこともあります。 もちろん、被相続人が...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    相続を単純承認するにしても相続放棄するにしても、相続税を計算するにしても遺産分割協議を開くにしても相続財産の範囲を知ることがその前提としてとても大きな意味を持ちます。 相続によって被相続人が生前...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、相続を受けるはずだった人が被相続人よりも先に亡くなっていた場合に、相続人の直系卑属に発生する相続のことです。 本来相続人となるはずだった人のいわば身代わりとして相続を受けます。 ...

  • 成年後見成年後見

    遺言というものは、被相続人による「生前最期の意思表明」ということができます。 では成年被後見人のように事理を弁識する能力の欠けた人は遺言作成ができないのでしょうか。 前提として、成年後見人が代...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産の相続はトラブルが最も多いとされています。 相続財産の中でも大きな割合を占める高い価値のもので、相続人のうちの1人が既に居住しているなどトラブルの種はつきません。 住宅ローンの返済がま...

  • 相続法改正の内容と施行日相続法改正の内容と施行日

    2018年7月通常国会にて相続法改正案が可決され、2019年1月13日より順次施行されおります。 今回の相続法改正は1980年以来約40年ぶりの大幅な改正です。 では具体的にどのような部分が大き...

  • 孫に土地を相続する際の注意点孫に土地を相続する際の注意点

    原則として、孫には相続権はありません。民法は法定相続人として被相続人の子・親などの直系尊属・兄弟姉妹・配偶者に限定しています(民法887条1項・889条1項・890条)。例外として被相続人の子が...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下にご紹介します。 ■相続遺産の独り占めを防ぐには 〇親名義の預貯金を勝手に引き出してしま...

  • 遺留分減殺請求の流れ遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、遺留分権利者及びその承継人に対して、遺留分侵害額請求権が認められています(同法1046条1項...

  • 生前贈与とは生前贈与とは

    生前贈与とは、贈与者が生きている前に自分の財産を誰かに贈与することをいいます。法律上は、一般的な贈与契約(民法549条)と同じ機能を有することになります。すなわち、贈与者である被相続人が財産を受...

  • 法定相続人にあたらないいとこに遺産相続する方法とは法定相続人にあたらないいとこに遺産相続する方法とは

    ■いとこに遺産を相続させる方法はある? 相続には、「遺言書のある相続」と「遺言書のない相続」という2種類が存在します。 そして、「遺言書のある相続」の場合には、遺言書の内容は法定相続順位よりも...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産相続

    不動産相続

    不動産の相続はトラブルが最も多いとされています。 相続財産の中でも大きな割合を占める高い価値のもので...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    相続を単純承認するにしても相続放棄するにしても、相続税を計算するにしても遺産分割協議を開くにしても相続...

  • 養育費はいつまで支払うのか

    養育費はいつまで支払うのか

    ■養育費の基礎知識 養育費を支払う期間について知る前に、まずは養育費の基本的な知識について確認しておき...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚などの事情により、親子が離れて暮らす場合に、互いに面会する権利を面会交流権といいます。 離婚した場...

  • 国際企業買収

    国際企業買収

    国際企業買収はどのようにして行われるのでしょうか。 以下に、紀伊行買収の流れを簡単に説明します。 ■...

  • 成年後見

    成年後見

    遺言というものは、被相続人による「生前最期の意思表明」ということができます。 では成年被後見人のよう...

  • 国際取引と製造物責任訴訟(PL)

    国際取引と製造物責任訴訟(PL)

    製造物責任とは、製造物に存する欠陥によって、その使用者が生命・身体・財産に損害を被った際に、製造者が負...

  • 国際取引と紛争処理

    国際取引と紛争処理

    国際取引におけるトラブルが紛争に発展した場合、どのように解決していくのでしょうか。 例えば、海外の企...

  • 【弁護士が解説】家賃滞納者へ少額訴訟をする際の流れや費用など

    【弁護士が解説】家賃滞納者へ少額訴訟をする際の流れや費用など

    ■家賃滞納者から家賃を回収する流れとは? 不動産における賃貸のトラブルとして、家賃を滞納する賃借人がい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ