06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

不動産相続

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 不動産相続

不動産相続

不動産の相続はトラブルが最も多いとされています。

相続財産の中でも大きな割合を占める高い価値のもので、相続人のうちの1人が既に居住しているなどトラブルの種はつきません。

住宅ローンの返済がまだの場合は団体信用生命保険金がついている場合を除いて、ローンの支払い義務を自力で履行しなければなりません。

また、包括承継という特徴を持つ相続では借地権や借家権も相続されます。
そのため、借地権者は死亡したことを理由に土地の所有者が明け渡しを求めてくることもありますが、その請求を拒否することができます。

ただし、公営住宅の場合は例外です。
公営住宅の使用権は公法上のもので、資格のない相続人にまで住ませてしまうことはできないため、公営住宅の使用権は相続の対象とはならないこととされています。

また、法律上相続権をもたない内縁の妻の場合でも借家権のみならば一定の要件を満たすことで引き継ぐことができます。
その要件は、借家が居住用のものであること、賃借人が相続人無しに死亡したこと、事実上の夫婦または養親子関係にあって同居していることです。
なお、借家権に関してはこのようなことは認められていません。

大阪新生法律事務所では、大阪市、枚方市、寝屋川市、門真市、守口市、京田辺市、交野市、四條畷市を中心に
大阪府、京都府、東京都のエリアで相談を承っています。
とても身近な、弁護士です。
個人の方も、企業の方も。
あなたの弁護士がいつでも相談に乗ります。お気軽に電話かメールでご相談ください。
不在時には24時間以内に弁護士から折り返します。

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    相続を単純承認するにしても相続放棄するにしても、相続税を計算するにしても遺産分割協議を開くにしても相続...

  • 家出をした配偶者と離婚するには

    家出をした配偶者と離婚するには

    ■離婚する方法 通常、離婚するための方法としては主に3つの方法を挙げることができます。1つは、話し合い...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。 単純承認と相続放棄と限定承認です。 ...

  • けいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へ

    けいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へ

    「家や株式を残して父が急逝してしまった。相続するにはどのような手続きが必要になるだろうか。」 「夫の不...

  • 協議離婚

    協議離婚

    夫婦間の話し合いによる離婚を、協議離婚といいます。 法的な離婚原因なく、離婚についての合意があれば離婚...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デメリット

    相続人が相続に対応して取る選択肢の1つに相続放棄があります。 相続とは被相続人の生前有していた権利義...

  • コンプライアンス法務

    コンプライアンス法務

    企業法務における「コンプライアンス法務」とは具体的にどのような業務を内容としているのでしょうか。 コ...

  • 離婚の手順や話し合いの進め方

    離婚の手順や話し合いの進め方

    パートナーである妻や夫に対し離婚を切り出そうとしても、DVやモラハラを行うパートナーであれば特に、離婚...

  • 調停離婚

    調停離婚

    夫婦間での合意により離婚が成立するのが理想的です。しかし、話し合いでは、お互いの感情がぶつかり合い、合...

よく検索されるキーワード

ページトップへ