06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

企業買収 米国

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 企業買収 米国

企業買収 または 米国に関する基礎知識記事や事例

  • 国際取引と知的財産権訴訟国際取引と知的財産権訴訟

    国際取引に際して、自社の商品を海外の取引相手に売買する等の場合には、自社の重要な知的財産権が関わる場合に、事前にその保全をしっかりとしておかなければなりません。 日本においては保護される知的財...

  • 国際取引と製造物責任訴訟(PL)国際取引と製造物責任訴訟(PL)

    製造物責任とは、製造物に存する欠陥によって、その使用者が生命・身体・財産に損害を被った際に、製造者が負う損害賠償責任のことです。 日本にも、製造物責任法という法律があります。近年の世界的な傾向...

  • 国際取引と紛争処理国際取引と紛争処理

    国際取引におけるトラブルが紛争に発展した場合、どのように解決していくのでしょうか。 例えば、海外の企業との売買契約において代金不払いがあったときに、代金前払いの特約があれば契約を解除する等の解...

  • 国際契約国際契約

    国内の、しかも中小企業間の取引等であれば、いわゆる「付き合い」のような信頼関係を基づいて契約書を交わすことなく契約を締結するようなこともあり得るかもしれませんが、国際取引においてこのように契約書...

  • 国際企業買収国際企業買収

    国際企業買収はどのようにして行われるのでしょうか。 以下に、紀伊行買収の流れを簡単に説明します。 ■買収対象会社の探索 買収の対象となる会社を探します。一般的には、売り主側からM&A仲介業者等...

  • 国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    海外の企業との取引や海外企業の買収など、企業の海外進出には、大きなリスクが伴います。 例えば、訴訟を外国で行うことになれば訴訟費用は高額になってしまうことが多く、その国の知的財産権に関する法令を...

  • 国際取引と企業法務国際取引と企業法務

    海外進出をしている企業にとって、国際取引から生じるトラブルには、事前の予防策をしっかりと講じておくことがとても重要です。国際取引における損害は、その回復にかかるコストが大きいことが多いと考えられ...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産トラブルに関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    不動産トラブルに関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    大阪新生法律事務所では、土地・建物の賃料に関するトラブルや、賃貸借契約終了に伴う立ち退きに関するトラブ...

  • 家出をした配偶者と離婚するには

    家出をした配偶者と離婚するには

    ■離婚する方法 通常、離婚するための方法としては主に3つの方法を挙げることができます。1つは、話し合い...

  • 遺留分減殺請求の流れ

    遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    配偶者が不倫や浮気をした場合、慰謝料請求したいというのが、配偶者の素直な気持ちでしょう。しかし、不倫が...

  • 顧問弁護士

    顧問弁護士

    顧問弁護士、という言葉はよく耳にすると思いますが、具体的にどのような業務を行う者を指すのでしょうか。 ...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デメリット

    相続人が相続に対応して取る選択肢の1つに相続放棄があります。 相続とは被相続人の生前有していた権利義...

  • 国際企業買収

    国際企業買収

    国際企業買収はどのようにして行われるのでしょうか。 以下に、紀伊行買収の流れを簡単に説明します。 ■...

  • 立ち退き交渉

    立ち退き交渉

    建物賃貸借契約の期間満了ないしは解約の申し入れによる終了によって、賃借人に立ち退いて欲しい場合には、賃...

  • 相続財産の調査

    相続財産の調査

    相続人は、相続が開始してその事実を知ったあと3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の手続きを取らないと相続を単...

よく検索されるキーワード

ページトップへ