06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

特許 侵害 調査

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 特許 侵害 調査

特許 または 侵害 または 調査に関する基礎知識記事や事例

  • 相続の流れ相続の流れ

    相続は被相続人の死亡によって始まります。 死亡届を7日以内に出したあとは、相続開始後に地帯なく遺言の有無を確認したうえで、公正証書遺言以外の形式で書いた遺言は家庭裁判所にて検認の手続きをしなけ...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続人が相続に対してとることのできる選択肢は単純承認、相続放棄、限定承認の3つがあります。 例えば、相続放棄ならば全ての相続財産の調査が終わってからその手続きをしなければ不測の事態が発生してし...

  • 相続法改正の内容と施行日相続法改正の内容と施行日

    2018年7月通常国会にて相続法改正案が可決され、2019年1月13日より順次施行されおります。 今回の相続法改正は1980年以来約40年ぶりの大幅な改正です。 では具体的にどのような部分が大き...

  • 遺留分減殺請求の流れ遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、遺留分権利者及びその承継人に対して、遺留分侵害額請求権が認められています(同法1046条1項...

  • 孫に土地を相続する際の注意点孫に土地を相続する際の注意点

    原則として、孫には相続権はありません。民法は法定相続人として被相続人の子・親などの直系尊属・兄弟姉妹・配偶者に限定しています(民法887条1項・889条1項・890条)。例外として被相続人の子が...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続人が相続に対応して取る選択肢の1つに相続放棄があります。 相続とは被相続人の生前有していた権利義務を全て承継するいわゆる包括承継をするのが原則となっています。 そのため、不動産や預貯金など...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄の手続きは、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすることでできます。相続放棄申述書は家庭裁判所にあります。 もちろんその前には相続財産の調査を...

  • 国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    海外の企業との取引や海外企業の買収など、企業の海外進出には、大きなリスクが伴います。 例えば、訴訟を外国で行うことになれば訴訟費用は高額になってしまうことが多く、その国の知的財産権に関する法令を...

  • 遺留分遺留分

    遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していたはずの人が、遺言によって自己の相続分が0になってしまうこともあります。 もちろん、被相続人が...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下にご紹介します。 ■相続遺産の独り占めを防ぐには 〇親名義の預貯金を勝手に引き出してしま...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ