06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

農地 相続

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 農地 相続

農地 または 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 住宅ローン住宅ローン

    離婚時に住宅ローンが残っている場合、夫婦のどちらが住み続けるのか、どちらかローンを支払うのか等の問題が生じます。 住宅ローンの返済には、いくつかの方法があります。 まず、不動産を第三者に売却し...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    遺言や法定相続分により相続分の割合が決まった後は実際にどの財産を誰がどのくらい相続するのか、その話し合いの場を相続人の間で設けなくてはなりません。 その話し合いのことを遺産分割協議といいます。...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産の相続はトラブルが最も多いとされています。 相続財産の中でも大きな割合を占める高い価値のもので、相続人のうちの1人が既に居住しているなどトラブルの種はつきません。 住宅ローンの返済がま...

  • 生前贈与とは生前贈与とは

    生前贈与とは、贈与者が生きている前に自分の財産を誰かに贈与することをいいます。法律上は、一般的な贈与契約(民法549条)と同じ機能を有することになります。すなわち、贈与者である被相続人が財産を受...

  • 成年後見成年後見

    遺言というものは、被相続人による「生前最期の意思表明」ということができます。 では成年被後見人のように事理を弁識する能力の欠けた人は遺言作成ができないのでしょうか。 前提として、成年後見人が代...

  • 子供の養育費子供の養育費

    子供の養育に必要となる費用が養育費です。 離婚した場合、夫婦のどちらか一方が子供を養育することになります。しかし、離婚した場合も、親であることに変化はありません。そのため、子供を養育しない側の...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄の手続きは、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすることでできます。相続放棄申述書は家庭裁判所にあります。 もちろんその前には相続財産の調査を...

  • 相続の相談を弁護士に依頼するメリット相続の相談を弁護士に依頼するメリット

    相続には死が付き物です。 相続は被相続人の死亡によって始まるためです。 残された遺族はそれを悲しむと同時に相続の事務的な手続きをこなしていく必要があります。 しかし、人生のなかで親族の死と向き...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下にご紹介します。 ■相続遺産の独り占めを防ぐには 〇親名義の預貯金を勝手に引き出してしま...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    配偶者が不倫や浮気をした場合、慰謝料請求したいというのが、配偶者の素直な気持ちでしょう。しかし、不倫が行われたからといい、必ず慰謝料を請求できるとは限りません。 では、どのような場合に慰謝料を...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 契約・取引法務

    契約・取引法務

    企業法務における「契約・取引法務」とは具体的にどのような業務を内容としているのでしょうか。 企業とし...

  • 遺留分

    遺留分

    遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していた...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続は被相続人の死亡によって始まります。逆に言えば相続についての手続きをしなければならない状況には親族...

  • 養育費はいつまで支払うのか

    養育費はいつまで支払うのか

    ■養育費の基礎知識 養育費を支払う期間について知る前に、まずは養育費の基本的な知識について確認しておき...

  • 法定相続人の確認

    法定相続人の確認

    遺言書が残されていない場合には相続人や相続分は法定のものになります。このように法律により定まった相続人...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言に書かれたことは法律によって定められた相続人や相続分に優先するため、相続の事前準備としてもとても有...

  • 相続財産の調査

    相続財産の調査

    相続人は、相続が開始してその事実を知ったあと3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の手続きを取らないと相続を単...

  • 国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    国際取引契約に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    海外の企業との取引や海外企業の買収など、企業の海外進出には、大きなリスクが伴います。 例えば、訴訟を外...

  • 国際契約

    国際契約

    国内の、しかも中小企業間の取引等であれば、いわゆる「付き合い」のような信頼関係を基づいて契約書を交わす...

よく検索されるキーワード

ページトップへ