06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

離婚 裁判所

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 離婚 裁判所

離婚 裁判所に関する基礎知識記事や事例

  • 調停離婚調停離婚

    夫婦間での合意により離婚が成立するのが理想的です。しかし、話し合いでは、お互いの感情がぶつかり合い、合意に至らない場合があります。 その場合には、調停離婚に移行します。 「調停離婚」とは、協議...

  • 土地の境界線トラブル土地の境界線トラブル

    「あなたの家の塀がウチの土地の境界線にはみ出して入り込んでいる」 こうしたことを隣人から言われた、といった土地の境界線についてのトラブルを経験したことはございませんか。このような境界線トラブルの...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下にご紹介します。 ■相続遺産の独り占めを防ぐには 〇親名義の預貯金を勝手に引き出してしま...

  • 家出をした配偶者と離婚するには家出をした配偶者と離婚するには

    ■離婚する方法 通常、離婚するための方法としては主に3つの方法を挙げることができます。1つは、話し合いによる協議離婚です。2人で離婚について話し合い、離婚届を提出することで離婚が成立する方法にな...

  • 別居中の生活費は請求できるのか別居中の生活費は請求できるのか

    夫婦で別居するということはさまざまな理由が考えられるでしょう。 自身の配偶者が単身赴任をしている、価値観の違いで距離を置きたい、離婚を考えたいので離れたいなどまさに十人十色です。 単身赴任などの...

  • 離婚の手順や話し合いの進め方離婚の手順や話し合いの進め方

    パートナーである妻や夫に対し離婚を切り出そうとしても、DVやモラハラを行うパートナーであれば特に、離婚の話し合いに応じないことが考えられます。 また、離婚の話し合いがこじれれば勝手に離婚届が提...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    夫婦には、婚姻費用を2人で分担する義務があります(民法第760条)。 そして、一方が支払いを怠った場合、相手方に婚姻費用の分担を請求することができます。 夫婦は婚姻生活において、互いに同レベル...

  • 審判離婚審判離婚

    離婚調停により意見がまとまらなかった場合、審判離婚に移行します。 「審判離婚」は、調停離婚により合意に至らなかったが、夫婦双方の意見にはわずかな食い違いしかないといった場合に利用されます。 わ...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ