06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

相続放棄

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄

相続放棄

相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。

単純承認と相続放棄と限定承認です。

その中の相続放棄は一切の財産を相続しないという手続きとなります。
例えば遺産分割協議のなかで、私は相続放棄しますという旨の発言をしてもそれは法律上の相続放棄とはなりません。

相続放棄は、全ての借金を相続する場合にもそれを行うことで0にすることができる大きな効力を持った制度です。そのため、厳格な手続きが必要となるため、安易に実行できたと考えていると、いつのまにか多額の借金を背負うことにもなりかねません。

大阪新生法律事務所では、大阪市、枚方市、寝屋川市、門真市、守口市、京田辺市、交野市、四條畷市を中心に
大阪府、京都府、東京都のエリアで相談を承っています。
とても身近な、弁護士です。
個人の方も、企業の方も。
あなたの弁護士がいつでも相談に乗ります。お気軽に電話かメールでご相談ください。
不在時には24時間以内に弁護士から折り返します。

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、相続を受けるはずだった人が被相続人よりも先に亡くなっていた場合に、相続人の直系卑属に発生...

  • 相続法改正の内容と施行日

    相続法改正の内容と施行日

    2018年7月通常国会にて相続法改正案が可決され、2019年1月13日より順次施行されおります。 今回...

  • 遺留分減殺請求の流れ

    遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、...

  • 別居中の生活費は請求できるのか

    別居中の生活費は請求できるのか

    夫婦で別居するということはさまざまな理由が考えられるでしょう。 自身の配偶者が単身赴任をしている、価値...

  • 国際契約

    国際契約

    国内の、しかも中小企業間の取引等であれば、いわゆる「付き合い」のような信頼関係を基づいて契約書を交わす...

  • 孫に土地を相続する際の注意点

    孫に土地を相続する際の注意点

    原則として、孫には相続権はありません。民法は法定相続人として被相続人の子・親などの直系尊属・兄弟姉妹・...

  • 英文契約書の署名方法|サインや日付の書き方について解説

    英文契約書の署名方法|サインや日付の書き方について解説

    近年、日本企業が外資系企業と共同して新会社を設立し、事業を共同していくジョイントベンチャーや海外企業と...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    遺言や法定相続分により相続分の割合が決まった後は実際にどの財産を誰がどのくらい相続するのか、その話し合...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言に書かれたことは法律によって定められた相続人や相続分に優先するため、相続の事前準備としてもとても有...

よく検索されるキーワード

ページトップへ