06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

遺留分

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺留分

遺留分

遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していたはずの人が、遺言によって自己の相続分が0になってしまうこともあります。
もちろん、被相続人が残した生前最期の意思表示は尊重されるべきですが、相続というのは残された遺族の生活保障の一面もあることは否定できません。

では、いざ遺言を開いてみたら自己の財産を全て愛人に送ると書かれていた場合、遺族に何かできることはあるのでしょうか。

そのために設けられた制度が遺留分です。
これは、遺言によってどのような相続が実現されようとしても必ず一定の相続人に残しておかなければならない相続分のことです。
配偶者や子にはそれぞれの法定相続分の2分の1、父母などの直系尊属の場合には法定相続分の3分の1が遺留分として規定されています。

この遺留分を遺言によって侵害された時は相続人は遺留分減殺請求といい、侵害された分を返せということができます。

大阪新生法律事務所では、大阪市、枚方市、寝屋川市、門真市、守口市、京田辺市、交野市、四條畷市を中心に
大阪府、京都府、東京都のエリアで相談を承っています。
とても身近な、弁護士です。
個人の方も、企業の方も。
あなたの弁護士がいつでも相談に乗ります。お気軽に電話かメールでご相談ください。
不在時には24時間以内に弁護士から折り返します。

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。 単純承認と相続放棄と限定承認です。 ...

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻生活中に夫婦が共同して得た財産を離婚時に分配することを、財産分与といいます。 財産分与は、多くの場...

  • けいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へ

    けいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へ

    「家や株式を残して父が急逝してしまった。相続するにはどのような手続きが必要になるだろうか。」 「夫の不...

  • 夫や妻の借金を理由に離婚できる?財産分与への影響は?

    夫や妻の借金を理由に離婚できる?財産分与への影響は?

    ■夫や妻の借金を理由に離婚できるか? 夫や妻の借金を理由として離婚を考えたとき、協議離婚、いわゆる話し...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続は被相続人の死亡によって始まります。 死亡届を7日以内に出したあとは、相続開始後に地帯なく遺言の...

  • 家出をした配偶者と離婚するには

    家出をした配偶者と離婚するには

    ■離婚する方法 通常、離婚するための方法としては主に3つの方法を挙げることができます。1つは、話し合い...

  • 紛争対応法務

    紛争対応法務

    企業法務における「紛争対応法務」とは具体的にどのような業務を内容としているのでしょうか。 会社が企業...

  • 生前贈与とは

    生前贈与とは

    生前贈与とは、贈与者が生きている前に自分の財産を誰かに贈与することをいいます。法律上は、一般的な贈与契...

よく検索されるキーワード

ページトップへ