06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

企業 買収 合併

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 企業 買収 合併

企業 または 買収 または 合併に関する基礎知識記事や事例

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続人が相続に対してとることのできる選択肢は単純承認、相続放棄、限定承認の3つがあります。 例えば、相続放棄ならば全ての相続財産の調査が終わってからその手続きをしなければ不測の事態が発生してし...

  • 英文契約書の署名方法|サインや日付の書き方について解説英文契約書の署名方法|サインや日付の書き方について解説

    近年、日本企業が外資系企業と共同して新会社を設立し、事業を共同していくジョイントベンチャーや海外企業と日本企業による合併などの組織再編がされることも少なくありません。 そのような場合には、英文...

  • 国際取引と企業法務国際取引と企業法務

    海外進出をしている企業にとって、国際取引から生じるトラブルには、事前の予防策をしっかりと講じておくことがとても重要です。国際取引における損害は、その回復にかかるコストが大きいことが多いと考えられ...

  • 国際取引と知的財産権訴訟国際取引と知的財産権訴訟

    国際取引に際して、自社の商品を海外の取引相手に売買する等の場合には、自社の重要な知的財産権が関わる場合に、事前にその保全をしっかりとしておかなければなりません。 日本においては保護される知的財...

  • 成年後見成年後見

    遺言というものは、被相続人による「生前最期の意思表明」ということができます。 では成年被後見人のように事理を弁識する能力の欠けた人は遺言作成ができないのでしょうか。 前提として、成年後見人が代...

  • 門真市で顧問弁護士をお探しの方へ門真市で顧問弁護士をお探しの方へ

    企業を運営する方は顧問弁護士という言葉をよく耳にすると思います。しかしながら顧問弁護士とは具体的にどのような業務を行う者を指すのでしょうか。 顧問弁護士とは、企業と顧問契約を結んで、継続的に専門...

  • 相続放棄相続放棄

    相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。 単純承認と相続放棄と限定承認です。 その中の相続放棄は一切の財産を相続しないという手続きとなります。 例えば遺産分割協議のなかで...

  • 相続に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください相続に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    相続に関する相談は大阪新生法律事務所へ。 相続はご相談者の複雑な家庭事情にも踏み入ってお話をする必要があります。 法律の専門家へ任せるのは事務的な手続きの処理だけではありますが、ご相談者の要望...

  • 遺言書遺言書

    遺言に書かれたことは法律によって定められた相続人や相続分に優先するため、相続の事前準備としてもとても有用です。 その遺言にはいくつかの種類があります。大きく分けると普通方式と特別方式の2つが考...

  • 相続の流れ相続の流れ

    相続は被相続人の死亡によって始まります。 死亡届を7日以内に出したあとは、相続開始後に地帯なく遺言の有無を確認したうえで、公正証書遺言以外の形式で書いた遺言は家庭裁判所にて検認の手続きをしなけ...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 国際企業買収

    国際企業買収

    国際企業買収はどのようにして行われるのでしょうか。 以下に、紀伊行買収の流れを簡単に説明します。 ■...

  • 守口市で顧問弁護士をお探しの場合

    守口市で顧問弁護士をお探しの場合

    近年のコンプライアンス重視により企業内に法務部を設けるところが多くなってきました。 このことは1つに事...

  • 遺産の使い込みが発覚した場合の対処法

    遺産の使い込みが発覚した場合の対処法

    亡くなった親の預金を親と同居していた兄弟姉妹が使い込んでいた、親の保険の解約をしてお金を着服、親の財産...

  • 家出をした配偶者と離婚するには

    家出をした配偶者と離婚するには

    ■離婚する方法 通常、離婚するための方法としては主に3つの方法を挙げることができます。1つは、話し合い...

  • 離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚をするためには、夫婦双方の主張する条件が一致しなければなりません しかし、離婚を検討するような段階...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    配偶者が不倫や浮気をした場合、慰謝料請求したいというのが、配偶者の素直な気持ちでしょう。しかし、不倫が...

  • 審判離婚

    審判離婚

    離婚調停により意見がまとまらなかった場合、審判離婚に移行します。 「審判離婚」は、調停離婚により合意...

  • 遺留分減殺請求の流れ

    遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、...

  • 国際取引と企業法務

    国際取引と企業法務

    海外進出をしている企業にとって、国際取引から生じるトラブルには、事前の予防策をしっかりと講じておくこと...

よく検索されるキーワード

ページトップへ