06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

土地 譲渡 相続

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 土地 譲渡 相続

土地 または 譲渡 または 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 離婚問題に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください離婚問題に関するご相談は大阪新生法律事務所にお任せください

    大阪新生法律事務所は、離婚に関する相談を受け付けております。 離婚問題は、紛争に発展しやすい問題であり、また複雑な手続きを行う必要があります。 当事務所は、日々離婚に関する問題の解決にあたって...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下にご紹介します。 ■相続遺産の独り占めを防ぐには 〇親名義の預貯金を勝手に引き出してしま...

  • 相続法改正の内容と施行日相続法改正の内容と施行日

    2018年7月通常国会にて相続法改正案が可決され、2019年1月13日より順次施行されおります。 今回の相続法改正は1980年以来約40年ぶりの大幅な改正です。 では具体的にどのような部分が大き...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    遺言や法定相続分により相続分の割合が決まった後は実際にどの財産を誰がどのくらい相続するのか、その話し合いの場を相続人の間で設けなくてはなりません。 その話し合いのことを遺産分割協議といいます。...

  • 不動産トラブルの相談を弁護士に依頼するメリット不動産トラブルの相談を弁護士に依頼するメリット

    不動産トラブルは、多岐に渡ります。具体的には、土地・建物の賃料について紛争になったり、土地・建物の賃貸借契約終了後の立ち退きでトラブルになったりします。 特に、不動産は不動産それ自体が大変高価...

  • 離婚の手順や話し合いの進め方離婚の手順や話し合いの進め方

    パートナーである妻や夫に対し離婚を切り出そうとしても、DVやモラハラを行うパートナーであれば特に、離婚の話し合いに応じないことが考えられます。 また、離婚の話し合いがこじれれば勝手に離婚届が提...

  • けいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へけいはんな地域で顧問弁護士をお探しの方へ

    「家や株式を残して父が急逝してしまった。相続するにはどのような手続きが必要になるだろうか。」 「夫の不倫が発覚した。離婚を検討しているが、子どもの親権を獲得するためにはどういう準備が必要だろうか...

  • 遺言書遺言書

    遺言に書かれたことは法律によって定められた相続人や相続分に優先するため、相続の事前準備としてもとても有用です。 その遺言にはいくつかの種類があります。大きく分けると普通方式と特別方式の2つが考...

  • 離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚をするためには、夫婦双方の主張する条件が一致しなければなりません しかし、離婚を検討するような段階に至っている夫婦間の仲は、決して良いものとは言えません。そのため、なかなか合意に達することが...

  • 親権と監護権親権と監護権

    親権と監護権は、混同しやすい権利です。しかし、両者は異なる権利です。 親権とは、子供を養育し、財産を管理し、子供の代理人として法律行為を行う権利をいいます。 一方、監護権とは、子供と共に生活し...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚をするためには、夫婦双方の主張する条件が一致しなければなりません しかし、離婚を検討するような段階...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    遺言や法定相続分により相続分の割合が決まった後は実際にどの財産を誰がどのくらい相続するのか、その話し合...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    配偶者が不倫や浮気をした場合、慰謝料請求したいというのが、配偶者の素直な気持ちでしょう。しかし、不倫が...

  • 孫に土地を相続する際の注意点

    孫に土地を相続する際の注意点

    原則として、孫には相続権はありません。民法は法定相続人として被相続人の子・親などの直系尊属・兄弟姉妹・...

  • 調停離婚

    調停離婚

    夫婦間での合意により離婚が成立するのが理想的です。しかし、話し合いでは、お互いの感情がぶつかり合い、合...

  • 遺留分減殺請求の流れ

    遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、...

  • 不動産相続

    不動産相続

    不動産の相続はトラブルが最も多いとされています。 相続財産の中でも大きな割合を占める高い価値のもので...

  • 遺留分

    遺留分

    遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していた...

  • 土地の境界線トラブル

    土地の境界線トラブル

    「あなたの家の塀がウチの土地の境界線にはみ出して入り込んでいる」 こうしたことを隣人から言われた、とい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ