06-6123-7838 初回電話相談無料
お気軽にお問合せください
営業時間
9:00-18:00

遺留分減殺請求 遺留分侵害請求権

  1. 大阪新生法律事務所 >
  2. 遺留分減殺請求 遺留分侵害請求権

遺留分減殺請求 または 遺留分侵害請求権に関する基礎知識記事や事例

  • 遺留分遺留分

    遺言に書かれた内容は法定相続人や法定相続分より優先します。そのため、遺言がなければ相続権を獲得していたはずの人が、遺言によって自己の相続分が0になってしまうこともあります。 もちろん、被相続人が...

  • 遺留分減殺請求の流れ遺留分減殺請求の流れ

    兄弟以外の相続人には遺留分の帰属が認められており(民法1042条1項)、遺留分の財産を請求するために、遺留分権利者及びその承継人に対して、遺留分侵害額請求権が認められています(同法1046条1項...

大阪新生法律事務所が提供する基礎知識

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻生活中に夫婦が共同して得た財産を離婚時に分配することを、財産分与といいます。 財産分与は、多くの場...

  • 組織法務

    組織法務

    企業法務における「組織法務」とは具体的にどのような業務を内容としているのでしょうか。 組織法務とは、...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続人の一人が、相続遺産を独り占めしてしまうケースとして考えられるものと、そうしたケースへの対策を以下...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人が相続に対応してとることのできる選択肢は3つあります。 単純承認と相続放棄と限定承認です。 ...

  • 離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題の相談を弁護士に依頼するメリット

    離婚をするためには、夫婦双方の主張する条件が一致しなければなりません しかし、離婚を検討するような段階...

  • 国際契約

    国際契約

    国内の、しかも中小企業間の取引等であれば、いわゆる「付き合い」のような信頼関係を基づいて契約書を交わす...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚時に住宅ローンが残っている場合、夫婦のどちらが住み続けるのか、どちらかローンを支払うのか等の問題が...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デメリット

    相続人が相続に対応して取る選択肢の1つに相続放棄があります。 相続とは被相続人の生前有していた権利義...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄の手続きは、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をする...

よく検索されるキーワード

ページトップへ